インプラントの利便性について

現在、インプラントの治療に関心が高まっていますが、インプラントの治療は、従来の治療方法だった入れ歯やブリッジに比べ維持安定をしたまま、長く使うことができるようになっています。
しかし、完全に地位を得るまでにはまだ至っていませんが、それには理由があります。


1つは、インプラントと骨が結合するためには時間がかかり、インプラントの治療をするためには長い治療期間がかかってしまいます。

2つ目は、インプラントの治療がなかなか普及しない最大の理由である、治療費が高額なことです。

インプラントの治療には、健康保険が適用されずに自由診療になっています。

ですから、クリニックによってもインプラントの治療にかかる費用が異なり、高額になってしまいます。3つ目は、インプラントの治療には、外科的な手術が必要になります。


患者の多くは、外科的な手術はなるべく避けたいと思う傾向にあります。また、手術を受けた場合でもインプラントの治療の効果に疑問や不安を持っている人も多くいるそうです。
3つも理由以外にも、半永久や一生持つなどと歯科医師の説明が問題を起こしてしまうケースも少なくありません。

世界で初めてインプラントの治療を行った人でも、40年あまりの臨床経験しか持っていないのに、一生持つなど保証することはできません。


インプラントの治療は、一般的な歯科の治療の虫歯や歯周病などの治療とは違い、そこそこの治療結果はありません。成功か失敗かしかありません。

ですが、インプラントの治療がどんなに素晴らしい治療方法であっても、それを行う歯科医師やスタッフが安易な気持ちで接するようならば、失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

インプラントの口コミNET【インプラント歯科の評判、ランキング】

患者に対する小さな積み重ねがインプラントの治療を成功させ、一つでも患者に対する配慮を怠ってしまえば、患者を失望させてしまい、その結果は「成功」か「失敗」のどちらかになってしまいます。

ですから、インプラントの治療だけでなく、日々の歯科治療の技術と知識も疎かにしてはいけないことだと思います。

ここでインプラントの失敗を軽減させるためには、歯科医選びが重要になります。
インプラントは、神経を避けてインプラントを埋め込む非常に高度な技術と噛み合せや細胞学といった幅広い総合的な知識を必要とする手術です。ですから、歯科医であれば誰でもできる手術ではありません。未熟な歯科医でもインプラントの治療を行っている場合も多く、未熟な医師に治療を任せることが原因でインプラントの失敗が起こってしまいます。
しかし、インプラントは自由診療のため、それを制限することもできません。

ですから、インプラントの失敗は、患者自身の歯科医選びの不十分さが引き起こしてしまっているのかもしれません。


歯科医選びだけが失敗の原因ではありません。

ヘビースモーカーやアルコール依存症の人には、インプラント植立後の固定率が低くなってしまいインプラントが失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

また、糖尿病や心臓病、高血圧症などの成人病を持っている人のインプラントの固定率が低くなってしまう傾向にあるため、インプラントの治療自体が受けられないこともあります。

インプラントの固定率が低くなってしまう原因には手術直後の細菌の感染率が高くなってしまうためです。

その他にも、骨が柔らか過ぎる場合や極端に骨が硬すぎる場合、また骨の量が少ない場合にはインプラントの固定が上手くいかないなど、骨の量と骨の質による失敗、歯磨きなどの治療後のケアを怠ったことによる失敗、噛み合せが悪かったり、歯ぎしりをする人などは、インプラントに過度な力が加わったことによる失敗なども考えられます。

このように、失敗するときのことも十分に理解し、医師からの説明を受けるべきだと思います。


また、このような説明をしっかりとできない医師は、良い医師とは言えないのではないでしょうか。自分が納得いくまでいろいろなことを調べ、信頼できる医師にインプラント治療をしてもらうことが重要だと思います。